Yufudake



25年ぶりの由布岳登山である。
富士に登ると聞かない我が家の山ンバーを制止しつつ「肩慣らしに家族で初級より少し上の登山をしよう!」ということになり、
若い時に見た美しい霧氷が忘れられない「豊後富士/由布岳」をチョイスした。



なんとか前日の雨があがり、不安定ながらまあまあのコンディション。頂でぐずってる霧も、着く頃には消えるはずと見切り発車。
最初の分岐点で選択を誤りながらも、安全な正面登山道(西峰)コースに合流。



雑木林を抜けると景色が開け、単調な道の連続ながら要所要所の見晴らしを栄養にして、さらに進む。
体育の授業替わりらしき学生達・老夫婦・若いアベックなど、挨拶はもう20組を超えたろうか。



2時間半ほどで2つの頂上寸前の分岐点「マタエ」に到着。
若い時は迷わず岩場にチェーンを張った西峰を選んだが、家族や自分の体力を考慮し、今回は無難に東峰を選択。
それでもゴロゴロした大岩は、手足を使い「よっこらしょ」である。



頂上で至福の時をしばし味わい、大幅な予定の遅れを挽回するため下山はスピードアップ。
少し暗くなり始め、辺りにこだまする動物らしき鳴き声に焦りを感じた時、野生の鹿の親子を間近に目撃。
山のエネルギーに火照りつつ、興奮覚めやらぬまま、なんとか夕暮れまでに麓へ戻る。
帰りの車中には、恐らく人生で一番大きな達成感に包まれたであろう、子供たちの寝顔があった。

skmtSocial project                  
calender
        
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
        
recent entries
archives
about
                
links
        
search this site.
others
        
©Ars.Artis.Omnes All Rights Reserved.