Kitchen Goods




モノを買うときは7:3で見た目重視だが、優れたデザインには「しっくり来る」感覚も自然と加わるため、
大抵のものは「3」のはずの使い勝手が5にも6にもなる。そのはみ出した部分が「満足」かもしれない。



しかしすぐ汚れるからとキッチン用品はずっと未開拓だったのだが、
この「COPCO カムデンケトル」がそんな意識を変えたきっかけかもしれない。
ドンキーのゴチャゴチャな商品群の中で異彩を放ち、足し引きするところが見つからないフォルムに一目惚れ!
以来お湯を沸かすという単純作業が結構楽しい。「orgun」でイカすヴィンテージも発見!



料理の味にダイレクトに影響を与えるフライパン。安物は本当に使えないものばかりだった。
DYNASTONEの「ダイヤモンドコート」は、使う毎にその良さを噛み締めるパターン。
五徳に触れたとき「カリン」と鳴る、硬度を感じる音が特にシビれる。
油がなじんで本物になる鉄モノも個人的には好みだが、油いらずで失敗のないのはやはり奥様の強い味方!



THERMOSと技術提携した「NIKEハイドレーションマグ」は、機能美の真骨頂だった。
既に定評のあるサーモスの機能に加え、底面の衝撃吸収ラバーがハンパない!
スポーツのあるゆる場面を考慮したのか?並の斜度では倒れない定着感や、傷みやすい底を守る安心感が何ともいい。
実際に触ってみて、ここまで惚れ込んだプロダクトはあまり記憶がない。
いい製品だけに消費者は見逃さないのか!?期間限定だったのも手伝い、
写真右の350ml黒はネットを駆使しても二度と見つからない。
skmtSocial project                  
calender
        
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
        
recent entries
archives
about
                
links
        
search this site.
others
        
©Ars.Artis.Omnes All Rights Reserved.