Yufudake



25年ぶりの由布岳登山である。
富士に登ると聞かない我が家の山ンバーを制止しつつ「肩慣らしに家族で初級より少し上の登山をしよう!」ということになり、
若い時に見た美しい霧氷が忘れられない「豊後富士/由布岳」をチョイスした。



なんとか前日の雨があがり、不安定ながらまあまあのコンディション。頂でぐずってる霧も、着く頃には消えるはずと見切り発車。
最初の分岐点で選択を誤りながらも、安全な正面登山道(西峰)コースに合流。



雑木林を抜けると景色が開け、単調な道の連続ながら要所要所の見晴らしを栄養にして、さらに進む。
体育の授業替わりらしき学生達・老夫婦・若いアベックなど、挨拶はもう20組を超えたろうか。



2時間半ほどで2つの頂上寸前の分岐点「マタエ」に到着。
若い時は迷わず岩場にチェーンを張った西峰を選んだが、家族や自分の体力を考慮し、今回は無難に東峰を選択。
それでもゴロゴロした大岩は、手足を使い「よっこらしょ」である。



頂上で至福の時をしばし味わい、大幅な予定の遅れを挽回するため下山はスピードアップ。
少し暗くなり始め、辺りにこだまする動物らしき鳴き声に焦りを感じた時、野生の鹿の親子を間近に目撃。
山のエネルギーに火照りつつ、興奮覚めやらぬまま、なんとか夕暮れまでに麓へ戻る。
帰りの車中には、恐らく人生で一番大きな達成感に包まれたであろう、子供たちの寝顔があった。

GOOD NEIGHBORS



間が空きすぎて賞味期限も過ぎ、醗酵初期段階の話になるが、鹿児島続編である。
さて、市街地での最大のミッションは「マルヤガーデンズ」見学だ。



そして驚いた!先制パンチをジャブで5,6発食らった感じだ。
「何だ!この、心がこもった手作り感」「この手があったのか!」「さすがナガオカさん」といった具合。
入り口のフロアガイドなんか、背景がケーキのデコレーション(勿論写真)だったりする。



以前を知らないが、たぶんリノベーションもかなりいい感じなはず?
現地の古い友人親娘とランチした「D&DEPARTMENT」横のカフェも素敵だったし、
上階にはモデルハウスに併設された「DWELL KITCHEN」もあり、飲食も充実。
前夜別の友人と飲んだ店も満足だったが、ここにビヤガーデンがあったことを知り、次回のリベンジを誓った。



帰福前のわずかな時間を利用し「GOOD NEIGHBORS」というムーブメントの総本山的な石蔵に立ち寄った。
灰問題のご苦労はあるにしても、桜島が目の前と、ロケーションも最高だ。
1Fの「Playmountain KAGOSHIMA」でお茶しながら、前日軽くお約束した「Judd.Design Office」の方を待った。



恐らく私の勘違いで都合が合わなかったが、鹿児島が元気な訳を、同じデザイナーの立場で次回ゆっくりお話を聞きたい。
余談だが石蔵へ徒歩で移動中、暑さに負けそうな時「大重谷水源を6日間かけて作った氷」を使ったかき氷屋さんを発見。
長い行列だったがなんとかゲットし、熱中症は免れたのだった。
昔ながらの氷屋さん、山盛りの究極かき氷、おしゃれなメニュー黒板・・・鹿児島が元気な訳の一端が見えた気がした。

GOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2010



約20年ぶりに鹿児島へ。一番の目的は「GOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2010」。
最近とてもひきつけられているムーブメントの、集大成のようなイベントである。
福岡のプレイベントで、主催者の方から「今の鹿児島を肌で感じてよ」と背中を押されたのがきっかけだ。



現地の友人と合流し、会場「かわなべ森の学校」へ到着。そこは山林に突然現れた楽園のよう。
廃校跡らしいが、本当に聞いていた通りのグッドロケーションだ。



全てにおいて凝縮されたセンスの良さは一瞬で感じることができた。
和の建物が目の前にあるのだが、どこか海外の、ほのぼのとしたライブイベントのようだ。



岡本 仁さん、Double Famousさん、地元のバンドBON DXさんなどのDJやLIVE、
そして「サクラ島大学」の講義など盛りだくさん。並行して楽しげなワークショツプも行われていて、私もレザータグ作りに参加。



鹿児島がひとつになっている原動力を、今回ほんの少し垣間見た気がする。そんな気持ちで夕暮れの川辺をあとにした・・・
とまとめたいとこだが、ヤッちまった!何かと頭が一杯で、個人的にどストライクの「ミズモトアキラさん」のDJを見逃してる。
スィートリベンジのため、何かと来年も行くしかないようだ。

Kangoo×Hiraodai



お盆休みに、愛車カングーで平尾台を気持よくドライブ。
というのは口実で、カングー投稿サイトに写真をアップするための撮影が本来の目的。



「シトラスグリーン」という希少色のうえ「サウンドパック」というスピーカーにこだわった限定車。
2年前に程度の良い中古を新潟で発見し、取り寄せた。



原油価格が不安定な折、家族会議では日本車さらには軽自動車の案も出たが、
「楽しい場所に移動する手段もやはり楽しくないと、どうもイケない」と強行採決を下した。

近日中にココにアップされる予定
http://www.kangoo-japon.com/list.php?flag=area&code=9



ドライブの後は「なごし 抹茶生大福」に舌鼓。毎度ほっぺが落ちる。(緑色つながりのかなり強引なネタふり)
余談だが背景のお皿は、最近注目の久留米在住「馬場勝文」さん作。

Chikugo Fireworks



夏恒例の「筑後花火大会」に仕事も半ばに駆けつけた。
久留米が、一年で最も人でごった返す日。



大玉はまるで真上から降って来るような迫力!
それ故、対岸の見物席に破片を落とすこともしばしば。



到着が遅れ、序盤に多い新作をあまり見ることができなかったのは少し残念。
フィナーレになると、連発に次ぐ連発で空も真っ白になり、超露光オーバー。



長岡や大曲等に環境は似てるが、打ち上げが水天宮側と篠山城跡側に分かれたのが惜しい。
キャンバスをもう少しセンターに寄せれば、国内ベスト5には喰い込むはず。
目標だった人の流れは分散できたし、あとは垣間見える大人の事情さえ解決できれば・・・
最高に美しい花火を見せることが、本当の「奉納」ではなかろうか。
skmtSocial project                  
calender
        
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
        
recent entries
archives
about
                
links
        
search this site.
others
        
©Ars.Artis.Omnes All Rights Reserved.